初回ご予約フォーム お問い合わせ よくある質問
スポーツ障害 疲労骨折
TOP > スポーツ障害 > 疲労骨折

疲労骨折(stress fracture)


疲労骨折とは?

疲労骨折とは、同一部位疲労蓄積されることで起こる骨折です。そのため、一回の大きな外力(転倒や強打が原因)で発生する通常の骨折とは異なり、短期的に過度なトレーニングを繰り返し行うことよって起こることが多いと考えられています。 同じ動きやトレーニングを繰り返し行うことで、同部位に繰り返し小さなストレスが加わり、そのストレスによる軽い損傷が積み重なって、治ることなく残ってしまうことで起こります。初期は軽い痛みや腫れ感のみですが、症状が進行すると、ひびが入ったり、ひどい場合には完全な骨折につながる場合もあります。
疲労骨折はあらゆる年齢で発症しますが、骨や筋力の発育的な問題から、成長期(15,6歳前後)に多くみられると言われています。
また、疲労骨折女性運動選手3主徴(骨粗鬆症、無月経、摂食障害の徴候)で生じやすいとも言われています。



疲労骨折の原因

  • ・使いすぎによる疲労の蓄積
  • ・栄養不足(無理なダイエットなど)
  • ・(女性の場合)原発性無月経・続発性無月経
  • ・固いフロアやロードでの練習
  • ・体幹機能やバランス能力が足りず、一箇所に応力が集中する使い方をしてしまう場合
  • ・タバコの吸いすぎや飲酒など


疲労骨折の多い部位・競技

※疲労骨折の多い部位順(日本整形外科学会より)

  • 1.中足骨の疲労骨折(疲労骨折全体の約35%)
  • 中足骨は、足の裏を形成する5本の骨です。ランニングの多い競技(陸上の長距離選手)や、サッカー、ラクビ―、バスケットボールなど素早い動きを要求される競技、爪先立ちやジャンプ動作の多いバレエダンサーや新体操選手に多く見られる疲労骨折です。

    中足骨の疲労骨折

  • 2.脛骨の疲労骨折(疲労骨折全体の約27%)
  • 脛骨の疲労骨折は、ジャンプ競技(バレーボールやバスケットボール)、ランニングの多い競技(陸上の長距離選手やサッカー、野球)、ジャンプの多い男性ダンサーなど、すねの骨に圧力がかかる競技に多くみられる疲労骨折です。

    脛骨の疲労骨折

  • 3.肋骨の疲労骨折(疲労骨折全体の約12%)
  • 肋骨の疲労骨折は上部と下部で異なりますが、下部肋骨の疲労骨折は主に体幹のひねり動作などで起こります。ゴルフややり投げ、体操競技に多い疲労骨折です。また咳のしすぎで生じる場合もあります。上部肋骨、特に第一肋骨の疲労骨折はウェイトリフティングやベンチプレスなどのウェイトトレーニングでも生じることがあります。

    肋骨の疲労骨折

  • 4.腓骨の疲労骨折(疲労骨折全体の約9%)
  • 腓骨の疲労骨折も、中足骨・脛骨・大腿骨同様、陸上の長距離選手やダンサーに多くみられる疲労骨折です。

    腓骨の疲労骨折

  • 5.尺骨の疲労骨折(疲労骨折全体の約3%)
  • 尺骨の疲労骨折は、野球、ソフトボール、テニス、バレーボールなどの競技で、何度もボールを打った時の衝撃が蓄積されることで起こる疲労骨折です。

    尺骨の疲労骨折

  • 6.大腿骨の疲労骨折(疲労骨折全体の約3%)
  • 大腿骨の疲労骨折は、陸上競技、サッカー、フィギュアスケート、新体操などの競技で生じることがあります。ジャンプ動作や着地動作により体重の荷重による上方からの圧力と、地面を蹴るときに生ずる下方からの突き上げや捻転による負荷が繰り返されることにより、大腿骨に負荷が蓄積されて起こる疲労骨折です。

    大腿骨の疲労骨折

  • 7.足関節内果の疲労骨折(疲労骨折全体の約3%)
  • 足関節内果の疲労骨折は、足関節(足首)の内果(内くるぶし)に生じる疲労骨折です。サッカー競技などで多くみられます。

    足関節内果の疲労骨折

疲労骨折の診断方法

まず、ぶつけたり捻ったりという明らかな外傷がないのに、なかなか改善しない慢性的な痛みや腫れがあるときは疲労骨折を疑います。
初期では、X線(レントゲン)検査では所見が認められないことが多く、まずMRI検査を行います。局所の炎症や微細な損傷は超音波検査を行います。発症後2週間以上経っているものではレントゲンでも変化が認められることがあります。


治療方法

基本的には疲労骨折が生じた部位に負担をかけないことが重要です。普通の骨折治療と大きく異なる点は、多くの場合、骨折部の外固定(ギプス)が必要ない点です。また、骨粗鬆症による疲労骨折が疑われる場合には骨代謝を改善する内服薬を服用する場合もあります。

痛みがある状態で、無理に練習を続けてしまい疲労骨折発見が遅れると、骨折が治りにくい「難治性骨折」や「偽関節」となる場合があります。手術が必要となる場合もありますので注意が必要です。
復帰に関しては、定期的なMRI超音波検査X線検査の結果を見て、試合や生活のニーズに合わせながら段階的に医師が復帰時期を指示・提案させていただきます。

▼じっくり着実に治療していきたい方向け

<保存療法(※保険診療)

理学療法士が、疲労骨折を発生させる原因となる体の使い方やバランスの不十分な部分を評価し、適切にリハビリテーションを行います。併せて、普段心掛ける事や、自主トレーニング方法、患者様に合ったインソールなどのスポーツ用具に関しても、必要に応じてご提案させていただきます。
保険診療に関する情報はこちら>>

また、当院では、リハビリと併用して、下記の超音波骨折治療体外衝撃波治療を行うことも可能です。

▼早めに治療したい方向け

<超音波骨折治療「LIPUS(アクセラス2)」(※一部保険適用あり)

当院では、疲労骨折に対して、超音波骨折治療法「LIPUS(アクセラス2)」を導入しています。骨折の治療期間が4割ほど短縮できたとの学術データもある先進医療の一つです。この治療法は、サッカーのデビッド・ベッカム選手や野球の松井秀喜選手骨折治療のために受けたことでも知られています。
超音波骨折治療法の詳細情報はこちら>>

<体外衝撃波療法(※保険外診療)

当院では、疲労骨折に対して、体外衝撃波療法も行っています。衝撃波患部(肘)照射することで除痛効果が期待できる、整形外科領域では新しい治療法になります。体操の内村航平選手が、世界選手権前に取り入れた治療法としても知られています。当院では最新型「ディオリスSD1」による体外衝撃波療法が行えます。
体外衝撃波療法の詳細情報はこちら>>


早期に発見、早期に治療を開始するほど、早く疲労骨折が治りますので、痛みが気になる方は、お早めに一度ご来院下さい。
初診予約フォームへ

初回ご予約フォーム
※未成年の患者様へ
初診は、基本親御様同伴でお願いしております。
再診ご予約フォーム 別ページへ
<<
>>
診療時間【予約制】
  月・火・水・木・金・土
    午前10:00~14:00
    午後15:00~19:00

休診日:
  日曜・祝日

診療疾患:
  膝や腰の痛み、肩のコリや痛み
  関節や筋肉の痛み・しびれ
  スポーツによるケガやその予防など
簡単WEB診断
痛みを治したいカラダ、スタイルを整えたいセカンドオピニオン希望の方
ページTOPに戻る