初回ご予約フォーム お問い合わせ よくある質問
スポーツ障害 ゴルフ肘
TOP > スポーツ障害 > ゴルフ肘

ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)


ゴルフ肘(ゴルフエルボー)とは?

ゴルフを続けていると肘の痛みを感じることがあります。これがいわゆるゴルフ肘(ゴルフエルボー)で、正式名称は、上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)というスポーツ障害です。ゴルフ肘で痛めるのは上腕骨内側上顆部と呼ばれる肘の内側の箇所で、ゴルフで無理なスイングを続けたり、ダフったりするなど、上腕骨内側上顆部過度な負荷がかかり続けることで炎症を起こし、痛みを発症します。

ゴルフ肘  上腕骨内側上顆部

同じスポーツ障害として有名なテニス肘が、肘の外側に痛みが出るのに対して、ゴルフ肘は、肘の内側に痛みが出るのも特徴です。
ゴルフ肘はなかなか治りにくいスポーツ障害です。とくに日常的に腕を使う仕事をしている人は長期化することが多いため、早めの対策が重要です。



ゴルフ肘(ゴルフエルボー)のメカニズム

指や手首を動かす筋肉から肘を動かす筋肉にかけて疲労が蓄積されると、筋肉の付け根にある上腕骨内側上顆部(腱の部分)に過度な疲労が蓄積され、炎症を起こします。また上腕(肘から上の部分)からにかけて筋肉が疲労した場合にも、同じく筋肉の付け根にある上腕骨内側上顆部(腱の部分)を痛めてしまうことがあります。これがゴルフ肘の主なメカニズムになります。
ちなみに、(筋肉と骨の間にある)は、体を動かすとき筋肉の収縮を骨に伝える働きをしています。筋肉は、年をとってもトレーニングで鍛えられるのに対して、年相応に老化が進んでいきます。これが中高年にゴルフ肘が多い理由になっていると考えられます。



ゴルフ肘(ゴルフエルボー)の主な原因

ゴルフ肘は、痛みが生じる場所が肘の骨の近辺であることから、ボールを打った時などの衝撃が骨を伝わることで起きていると思われがちですが、主な原因は違います。手先で打ったり、肘に無理な力がかかったりした状態で、ゴルフ(スイング)を続けていることが主な原因と言われています。


こんなゴルファーはゴルフ肘に要注意

  • スイング時に肘が脇から離れすぎている。
  • 手首中心スイングしている。
  • 両肘に力を入れ過ぎた状態でスイングしている。
  • グリップにも過度な力を入れてスイングしている。
  • ・体の回旋運動を使わずに手打ちの状態になっている。
  • ・手打ちを避けるために肘から下を固定しすぎている。


症状(ご自身がゴルフ肘かどうかの目安)

下記の動作を行った際に、肘の内側の少しでっぱった骨のあたりが痛むという方は、ゴルフ肘である可能性が高いと言えます。早めの診察をお勧めします。

  • ゴルフ(スイング)をした時
  • 肘の内側の少しでっぱった骨のあたりを押した時
  • 腕を曲げたりひねったりするなどの運動をした時
  • 腕を引っ張った時
  • 手を強く握った時


ゴルフ肘(ゴルフエルボー)の診断

肘の痛みがゴルフ肘であるかどうかを診断する時、まず確認するのは肘の内側に痛み(圧痛)があるかどうかです。肘の内側の骨が出っ張った部分、及びそこから手の方向に1cmくらいの部分を押したときに、痛みを感じればゴルフ肘が疑われます。症状によっては、レントゲンやMRI等も使用します。


治療方法

▼じっくり着実に治療していきたい方向け

<保存療法(※保険診療)

当院では患者様のゴルフ肘に対して、高周波温熱治療超音波治療で患部の炎症を抑えていきます。また理学療法士肘の痛みを発生させる原因となる体の使い方やバランスの不十分な部分を評価し、適切にリハビリテーションを行います。併せて、普段心掛けることや自主トレーニングの方法を提案させていただきます。

その他、運動療法と並行して行う治療に肘関節注射があります。 関節内注射は、必ず行うものではなく、治療上有効と判断された場合にご提案し、患者様とご相談の上行います。ステロイド注射は特に強い炎症がある場合、ご相談の上、使用する場合があります。


▼早めに治療したい方向け

<PRP療法(※保険外診療)

当院では、ゴルフ肘に対して、PRP療法も行なっています。患者様ご自身の血液中に含まれる血小板を利用した再生医療で、海外では10年以上の実績があり、野球の田中将大選手や、大谷翔平選手が行なったことでも知られている治療法です。
PRP療法の詳しい情報はこちら>>

<体外衝撃波療法(※保険外診療)

当院では、ゴルフ肘に対して、体外衝撃波療法も行っています。衝撃波患部(肘)照射することで除痛効果が期待できる、整形外科領域では新しい治療法になります。体操の内村航平選手が、世界選手権前に取り入れた治療法としても知られています。当院では最新型「ディオリスSD1」による体外衝撃波療法が行えます。
体外衝撃波療法の詳しい情報はこちら>>


少しでも痛みが気になる方は、お早めに一度ご来院下さい。
初診予約フォームへ

初回ご予約フォーム
※未成年の患者様へ
初診は、基本親御様同伴でお願いしております。
再診ご予約フォーム 別ページへ
<<
>>
診療時間【予約制】
  月・火・水・木・金・土
    午前10:00~14:00
    午後15:00~19:00

休診日:
  日曜・祝日

診療疾患:
  膝や腰の痛み、肩のコリや痛み
  関節や筋肉の痛み・しびれ
  スポーツによるケガやその予防など
簡単WEB診断
痛みを治したいカラダ、スタイルを整えたいセカンドオピニオン希望の方
ページTOPに戻る