初回ご予約フォーム お問い合わせ よくある質問
骨盤帯の痛み
保険診療ご案内
骨盤帯
骨盤帯の痛み Pain in Pelvic girdle

骨盤は左右に張り出す大きな「腸骨」と中心にある三角形の「仙骨」、前側の下にある「恥骨」、一番下にある「坐骨」で構成され、体の土台として上半身を支えるほか、体の中で一番大きな関節である足の付け根の「股関節」が付いている部位でもあり歩行時には脚からの衝撃を吸収します。骨盤の内部には腸や泌尿器などの内臓や子宮や卵巣と言った生殖器がありこれらを保護する重要な役割を果たしている部位でもあります。
骨盤は輪のような形をしており、これら全体を総称して骨盤帯pelvic girdleと呼びます。この骨盤帯の中には後ろ側に仙骨と腸骨の間の「仙腸関節」そして、前側には二つの恥骨がつながる「恥骨結合」があります。これらは女性では女性ホルモンの働きで柔らかく保たれ、出産時には更に柔らかく開いて赤ちゃんが通れるようにします。
このような多くの機能を果たす骨盤は、普段の姿勢や立ち方や座り方の癖、妊娠出産、ホルモンバランスなどの影響を受けやすく、その結果取り囲む筋肉のアンバランスや仙腸関節や恥骨結合の不安定性を生じ、日常生活での不快感や痛み、姿勢が保てない、尿漏れ、あるいは体型の崩れなど様々なトラブルにつながっていきます。年齢、妊娠や出産経験の有無に関わらず、女性の腰からお尻の痛みで生じているのが実はこの骨盤帯のトラブルであることが多いのです。

言い換えれば、骨盤帯はすべての女性が生涯にわたり健康に過ごすために、良い状態に保つべきとても大切な場所でもあるといえるでしょう。



産後の痛み ~産後のリハビリ 女性の骨盤ケア
妊娠中に女性の腰椎・骨盤の関節は出産に備え可動性が大きくなりますが、妊娠中は大きくなったお腹を支え、産後は赤ちゃんを抱っこしなければなりません。
その為、こういった負荷に耐える筋力が不十分な場合や骨格に歪み(左右差)がある状態では腰椎・仙腸関節・恥骨部に痛みを生じることがあります。
分娩時に骨盤底筋群を損傷し、産後に腰痛や尿漏れを生じるケースもあります。妊娠中に腹直筋が裂けてしまう『腹直筋離開』も実は多くの産婦に見られます。

「産後」とは、出産直後のみならず、経産婦であれば生涯にわたって続く状態です。数十年前の出産の影響が「骨盤痛」「頚部痛」などの症状となって現れ整形外科を受診される患者様も多くいらっしゃいます。

当院では、乳幼児を育てている方だけでなく、幅広い年代の女性に妊娠・出産の影響で生じた機能不全を改善し、より快適な身体で過ごしていただくお手伝いをさせていただきたいと考えております。
◆運動療法の例

・34歳 女性
・5年前に出産してからずっと首と腰が痛い。

診察後、運動療法を開始。
妊娠中、乳児を長時間抱っこしている女性に特有な姿勢が産後5年経っても残っていました。また、痛みのある首と腰の間の部分(胸郭)が非常に硬く動きが悪い状態でした。
姿勢を整え、胸郭の動きを出す運動療法を1回/1~2週のペースで6回行い、首と腰の痛みはなくなり、終了となりました。



痛みが気になる方は、ぜひ診察にいらしてください。
初診予約フォームへ

初回ご予約フォーム
再診ご予約フォーム 別ページへ
<<
>>
診療時間【予約制】
  月・火・水・木・金・土
    午前10:00~14:00
    午後15:00~19:00

休診日:
  日曜・祝日

診療疾患:
  膝や腰の痛み、肩のコリや痛み
  関節や筋肉の痛み・しびれ
  スポーツによるケガやその予防など
簡単WEB診断
痛みを治したいカラダ、スタイルを整えたいセカンドオピニオン希望の方
ページTOPに戻る