初回ご予約フォーム お問い合わせ よくある質問
腰痛
TOP保険診療 > 腰痛

腰痛

腰痛とは?

直立二足歩行をするように進化した人間は、背骨に垂直方向の力が強くかかります。中でもには大きな力がかかるため、腰痛ヒト特有の症状と言えます。は、腰椎(ようつい)と呼ばれる通常5つの骨がブロックのように積み上げられて構成されています。腰痛は、基本、腰椎周りの組織疲労したりダメージを受けたりすることで発症します。

腰痛のイメージ画像

腰痛が起こる原因はさまざまで、複数の要因が絡んでいる場合も多くあります。以前は腰痛約15%は原因を特定できる「特異的腰痛」で、約85%は、どこが痛みの原因なのか特定しきれない「非特異的腰痛」と言われていました。
しかし、原因のない腰痛はないと当院では考えています。 微細な組織のダメージはX線写真やMRIと言った画像では明らかな変化がなく特定できない場合がありますが、入念に所見をとることにより腰痛の原因はほぼ特定できると言っても過言ではありません。 微細な組織のダメージはX線写真やMRIと言った画像では明らかな変化がなく特定できない場合がありますが、入念に所見をとることにより腰痛の原因はほぼ特定できると言っても過言ではありません。


腰痛のメカニズム

背骨(脊柱)は、椎骨(ついこつ)24個が連結して構成されています。頭の方から、頸椎(7個)胸椎(12個)腰椎(5個)、あと、仙骨尾骨とに分類され、腰痛の原因になるのは、主に腰の部分にある腰椎(5個)です。また、椎骨(ついこつ)連結するクッション材の役割を椎間板(ついかんばん)が果たしています。
腰は身体の要となる重要な部分で、ほとんどの行動は腰を起点に動きます。背骨(脊柱)は図のように複雑な構造になっているため、どこかにちょっとしたヒズミが生じただけでも不調の原因となりやすく、その悲鳴が腰痛というサインになって現れると考えられています。

背骨(脊柱) 腰椎

腰痛の主な原因

1.職場環境が原因(重労働、同姿勢でいることが多い)

職場環境によって腰痛を発症する人は非常に多く、労働災害(労災)6割以上を占めていると言われます。 体に負荷のかかる重労働、特に重たいものを持ち上げる作業体を曲げたりひねったりする作業には気をつける必要があり、運送業介護・看護の職場などで多いとされています。
一方で、同じ姿勢をとり続けるような職場でも多く、デスクワークをしている人にも腰痛は多く発生します。これは、姿勢の悪さや、股関節・その周辺の筋肉の柔軟性が失われてしまうことにも一因があると考えられています。

看護・介護で腰痛を発症  デスクワークで腰痛を発症

2.過度な運動

過度なスポーツトレーニングでも腰痛を起こしやすくなります。特に、にかかる過度な動作(体幹の過伸展、屈曲、回旋など)腰痛を発症します。慢性の場合は、主に使いすぎによる疲労が原因と考えられます。

3.筋力や骨の衰え

運動不足加齢などの要因で、背骨を支える筋力衰えている人骨自体が衰えている人は、腰痛を起こしやすくなると言えます。

4.その他、成長期の子供

それほど多くはありませんが、骨がまだ成長しきっていない成長期の子供が、柔軟性を必要とするスポーツやひねり動作をたくさん行うスポーツなど過度な負荷を積み重ねることで腰痛を発症することがあります。


主な腰痛の種類

1.筋筋膜性腰痛症(筋・筋膜性腰痛症)

筋筋膜性腰痛症とは、腰の筋肉の過剰な緊張や、筋膜(筋肉を包む膜)損傷により起こる腰痛のことで、筋・筋膜性腰痛症とも書きます。主原因は、長時間の無理な姿勢や、スポーツなどによる急激な腰への負荷であり、骨や関節には異常が見られません。一般的な腰痛の症状のうち約8割は、この筋筋膜性腰痛症(筋・筋膜性腰痛症)によるものと言われています。

2.腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)

首から腰までの背骨(脊椎)には、脊柱管と呼ばれる脳から体へとつながる神経の通り道があります。直径1~2cmのホースのような管が、から出ての真ん中を通り、背中からまで届いています。そして、そこから枝が生えるように手足神経が伸びています。
腰部脊柱管狭窄症とは、下記でご紹介する、腰椎椎間板ヘルニア(3)変形性脊椎症(4)腰椎すべり症(5)などの病気が原因で、背骨(脊椎)の中を通っている脊柱管内の神経が圧迫され、から下肢にかけて痛みしびれを引き起こす病気です。

腰部脊柱管狭窄症


3.腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんヘルニア)

椎間板とは、背骨(脊椎)椎体(ついたい)椎体の間にあるパーツで、衝撃を吸収するクッション材の役割をしています。椎間板の内部には柔らかいゼリー状の髄核(ずいかく)があり、その髄核が外に飛び出して、背骨(脊椎)の中を通っている脊柱管内の神経を圧迫することにより腰に痛みを発生させます。これが腰椎椎間板ヘルニアです。 主な症状としては、腰痛の他に、お尻から足にかけて痛みやしびれが広がり、力が入りにくくなります(いわゆる坐骨神経痛)。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアは、悪い姿勢での動作作業喫煙などにより起こりやすくなるとも言われています。


4.変形性脊椎症(変形性腰椎症)

変形性脊椎症(変形性腰椎症)とは、主に背骨(脊椎)加齢的な変化により、椎間板変形して突出したり、骨棘(こつきょく)というトゲのような骨が形成されたりすることにより、背骨(脊椎)の中を通っている脊柱管内の神経を圧迫し、腰の痛みお尻の痛み脚の痛みやしびれを引き起こします。これが変形性脊椎症(変形性腰椎症)です。

変形性脊椎症(変形性腰椎症)

5.脊椎分離症(腰椎分離症)・腰椎すべり症

脊椎分離症(腰椎分離症)とは、背骨(脊椎)前側にある椎体と、後ろ側椎弓とをつなぐ細い椎弓峡部(ついきゅうきょうぶ)疲労骨折が起こり、椎体椎弓離れてしまう症状のことを言います。
分離症により可動性が増すと分離した上下の椎体が徐々に前後にずれてしまう「腰椎分離すべり症」に移行する場合もあります。
分離症分離すべり症は骨が成熟していない成長期の子供が、スポーツ等により、伸展と回旋をくりかえすような動きによって腰に過度な負荷が生じ発症します。

脊椎分離症(腰椎分離症)・腰椎すべり症

一方、中高年以降で筋力低下や使いすぎが原因椎間板椎間関節がすり減って痛んでしまい前後に滑ってしまうものを「変性すべり症」と言います。この場合は分離症は伴いません。
このようなすべり症では、脊柱管がずれてしまうことが原因で、背骨(脊椎)の中を通っている脊柱管内の神経が圧迫され、腰の痛みお尻の痛み脚の痛みやしびれが引き起こされる場合があります。


6.腰椎椎間関節症

腰椎の上下の骨椎間板左右の椎間関節によって連結されています。椎間関節腰を動かす役割をしています。腰椎椎間関節症とは、椎間関節痛みが起こる病気です。
原因は、主に腰椎過剰に曲げたり反ったりすることで椎間関節痛めてしまう場合と、日常生活での悪い姿勢により椎間関節負担がかかり痛めてしまう場合があります。特に体重増加で腰椎が後ろに反っている人普段の姿勢で腰が反っている人椎間関節負担がかかりやすく、腰椎椎間関節症になりやすいと言われています。急性に椎間関節を捻って炎症を起こすとぎっくり腰になります。


7.ぎっくり腰

ぎっくり腰は、腰部疲労が溜まり堅くなった状態で、ちょっとした無理な動作が引き金となって起こる突発性の腰痛の総称です。
画像では明らかな変化を特定できないことが多いのですが、微細な椎間板の損傷椎間関節の損傷によって起きている場合もあるので注意が必要です。
通常、初回のぎっくり腰は10日から2週間程度で痛みが取れますが、それは痛みが取れただけであり根本原因は治っていないことが多くあります。そういったケースでは、その後1年から数年に一度の割合でぎっくり腰を繰り返し、やがて椎間板ヘルニアなどに重症化する場合があります。


腰痛の自己チェック

腰痛は、障害部位別に、下記のような痛みの特徴がみられます。

  • 筋肉: 前屈みする動作や腰の筋肉に力を入れたときに痛みを感じる。また、温める、さすることで痛みが和らぐ
  • 椎間関節: 腰を後ろに反らしたり、捻ったりする動作で痛みを感じる
  • 椎骨の疲労骨折: 激しい運動時や、長時間同じ姿勢でいると痛みを感じる
  • 椎骨の骨粗鬆症による圧迫骨折: 骨折している骨および同じ高さの脇腹が痛む。


腰痛の診断

腰痛には色々な原因があり、また病態により治療法が異なるため、正確な診断が重要です。体の柔軟性関節の可動域体の使い方のクセなどのほか、知覚神経運動神経の障害などがないか、など診察し原因と治療法を考えていきます。必要に応じてX線(レントゲン)検査、MRI検査、CT検査、筋電図検査、血液・尿検査などを行います。


腰痛の治療方法

▼腰痛をじっくり着実に治療していきたい方向け

<保存療法(※保険診療)

急性期や成長期の腰痛では原因によって装具などの装着が必要な場合もあります。また強い腰痛の場合は薬や物理療法(高周波温熱治療や超音波治療)で患部の炎症を抑えることが必要な場合もあります。しかし、腰痛がある程度落ち着いていて、リハビリの適応があると診断された場合、理学療法士腰の痛みを発生させる原因となる体の使い方やバランスの不十分な部分に対して運動器リハビリテーションを行います。併せて、腰痛対策として、普段心掛けることや自主エクササイズの方法をご提案させていただきます。


▼腰痛を早めに治療したい方向け

<メディカルピラティス(※保険外診療)

腰痛対策としてピラティスを導入することによって、大幅なリハビリ時間の短縮筋力強化ができると言われています。ピラティスは、もともとリハビリ用に開発され、解剖学を基に作られたエクササイズです。怪我をした人高齢者でも余分な負担をかけずに、筋肉を鍛えられるように作られています。ピラティスだけでなく体全体の内側の筋肉(インナーマッスル)を鍛えバランスを整えることで、体のゆがみを直し、体幹が鍛えられ、きれいな姿勢を保てるようになります。結果、肩こり・腰痛等に大きな効果が期待できると言われています。
当院では、疾患をよく理解しリハビリに精通した理学療法士資格と、ピラティスリハビリコースのフル認定(マット・リフォーマー・コンプリヘンシブ)を取得した、ダブルライセンスの施術者が担当するため、ピラティスを通して、リハビリ体づくり同時に行うことができるのが特徴です。
メディカルピラティスの情報はこちら>>
担当者(山口 由紀)の情報はこちら>>


腰痛でお悩みの方は、ぜひ診察にいらしてください。
初診予約フォームへ

※未成年の患者様へ
初診は、基本親御様同伴でお願いしております。
★必読:キャンセルポリシー
保険診療 / 自費診療
<<
>>
診療時間【予約制】
  月・火・水・木・金・土
    午前10:00~14:00
    午後15:00~19:00

休診日:
  日曜・祝日

診療疾患:
  膝や腰の痛み、肩のコリや痛み
  関節や筋肉の痛み・しびれ
  スポーツによるケガやその予防など
簡単WEB診断
痛みを治したい カラダ、スタイルを整えたい セカンドオピニオン希望の方
ページTOPに戻る